オリンピックとは、何だろう?

みなさん、先週末からいよいよリオデジャネイロのオリンピックがスタートしましたね。

リオ五輪

みなさんは、オリンピックをどのように楽しんでいますか?
ただ漠然と、日本の選手を応援していますか?
それとも、特定の協議や特定の選手を応援していますか?
それとも、日本がいくつのメダルを取るのか、どこの国がいくつのメダルを取るのかに、興味がありますか?
僕は、各競技で世界最高峰の選手がどんな結果を残すのかに、興味があります。
または、各競技で新たなスター選手が現れるかどうかに、興味があります。

オリンピックを観覧する方が、それぞれのオリンピックの楽しみ方があってよいと思うのですが、そもそもオリンピックを開催している「国際オリンピック委員会」(IOC)は、どんな意図をもってオリンピックを開催しているのでしょうか?

ioc-the-organisation

僕は、小学生の頃に学校の先生から、「オリンピックは、平和の式典なんだよ。違う国同士の人が武器で殺し合うのではなく、スポーツで争い、争った後は握手をしてお互いを理解し合うんだ」と教えられました。
確かに、そういう側面はあるかもしれませんが、色々と調べて紐解いていくと、もう少し奥が深そうです。

まず、オリンピックは皆さんご存知の通り、古代ギリシアのオリンピア地方において、「宗教行事」として生まれました。
つまり、全能の神ゼウスをはじめ多くの神々を崇めるための、神域における「体育や芸術の競技祭」だったのです。
紀元前776年に、第1回大会が開催されたそうです。

古代オリンピック
古代オリンピックには、回を重ねるに連れ、ギリシア全土から競技者や観客が集まる大イベントに発展していったそうです。
当時は、ギリシアの中のいくつかのポリスが戦争をしていたそうですが、宗教的な意味を持つオリンピアの祭典には戦争を中断してでも参加しなければならなかったそうです。
武器を捨て、ときには敵地を横切りながらオリンピアを目指して旅をするため、戦争の中断期間は3か月ほどになったそうです。
まさに、「聖なる休戦」の時です。

ところが、紀元前146年にギリシアがローマ帝国の支配下に入り、西暦392年にローマがキリスト教を国教とすると、ギリシアの宗教祭典をベースとしたオリンピックを維持する事が困難となり、翌年の第293回オリンピックを最後に途絶えてしまったそうです。
実に、数々の戦乱を乗り越え、1169年もの間、維持されてきた祭典でした。

時は流れ、西暦1896年に、ギリシアのアテネにおいて近代オリンピックの第1回が改めて開催されるに至りました。
そのきっかけを作ったのが、フランス人のピエール・ド・クーベルタン男爵だそうです。

Pierre_Fredy_de_Coubertin

クーベルタン男爵は、元々イギリス人が大嫌いだったそうです。
ところが、教育に興味を持ち、教育先進国たるイギリスに渡った時、イギリス人学生が積極的かつ紳士的にスポーツに取り組む姿を見て感銘を受け、たちまちイギリス贔屓になってしまったそうです。
そして、スポーツを取り入れた教育改革こそ、「自由な気風」、「国際交流」、「平和」を導くものとして、世界に広げる決意をしたそうです。
スポーツを通して心身を向上させ、さらには文化・国籍など様々な差異を超え、友情、連帯感、フェアプレーの精神をもって理解し合うことで、平和でよりよい世界の実現に貢献する」という、クーベルタンが提唱したオリンピックのあるべき姿(オリンピズム)は、各国が覇権を争う帝国主義の時代にあって、実に画期的なもだったそうです。
そして、近代オリンピック第1回開催の2年前にあたる1894年に、IOCが創設されるに至るのです。

私は、ここに至って初めて、「オリンピックって、何だろう?」と改めて思い、オリンピックの考え方が記載されている「オリンピック憲章」を読んでみる事にしました。
ご興味ある方は、下の図をクリックすると本文にリンクします。

オリンピック憲章

この憲章の前文に「オリンピズムの根本原則」として7項目あるのですが、これが素晴らしいのです。
ここに、その根本原則を記載しておきます。

1. オリンピズムは肉体と意志と精神のすべての資質を高め、バランスよく結合させる生き方の哲学である。オリンピズムはスポーツを文化、教育と融合させ、生き方の創造を探求するものである。その生き方は努力する喜び良い模範であることの教育的価値、社会的な責任、さらに普遍的で根本的な倫理規範の尊重を基盤とする。

2. オリンピズムの目的は、人間の尊厳の保持に重きを置く平和な社会を奨励することを目指し、スポーツを人類の調和の取れた発展に役立てることにある。

3. オリンピック・ムーブメントは、オリンピズムの価値に鼓舞された個人と団体による、協調の取れた組織的、普遍的、恒久的活動である。その活動を推し進めるのは最高機関のIOCである。活動は 5 大陸にまたがり、偉大なスポーツの祭典、オリンピック競技大会に世界中の選手を集めるとき、頂点に達する。そのシンボルは 5 つの結び合う輪である。

4. スポーツをすることは人権の 1つである。すべての個人はいかなる種類の差別も受けることなく、オリンピック精神に基づき、スポーツをする機会を与えられなければならない。オリンピック精神においては友情、連帯、フェアプレーの精神とともに相互理解が求められる

5. スポーツ団体はオリンピック・ムーブメントにおいて、スポーツが社会の枠組みの中で営まれることを理解し、自律の権利と義務を持つ。自律には競技規則を自由に定め管理すること、自身の組織の構成と統治について決定すること、外部からのいかなる影響も受けずに選挙を実施する権利、および良好な統治の原則を確実に適用する責任が含まれる。

6. このオリンピック憲章の定める権利および自由は人種、肌の色、性別、性的指向、言語、宗教、政治的またはその他の意見、国あるいは社会のルーツ、財産、出自やその他の身分などの理由による、いかなる種類の差別も受けることなく、確実に享受されなければならない。

7. オリンピック・ムーブメントの一員となるには、オリンピック憲章の遵守および IOC による承認が必要である。
また、第1章オリンピック・ムーブメントの「6.オリンピック競技大会」中に、次のような記述もあります。
オリンピック競技大会は、 個人種目または団体種目での選手間の競争であり、 国家間の競争ではない。
これこそが、近代オリンピックを立ち上げたクーベルタン男爵の思いであり、当時近代オリンピックを立ち上げたIOCメンバーの思いであり、それが脈々と現代まで受け継がれているのです。

さて、話が大きく展開しますが、私は子供の頃に「ソ連(ロシア)人は、悪い人ばかりだ」と思っていました。
「ランボー」シリーズの映画を、沢山見たせいでしょうか(笑)。
でも、実際に中学の卒業式前後(1982年)に輸入博という展示会でソ連(ロシア)人と会ったとき、良い人ばかりでひっくり返りました。
マスコミを始めとした間接的な情報に、大きく影響を受けるのが人間なんだ、と強く感じました。
それ以来、私は自分で見て感じたものを大切にするようになりました。

皆さんも、国際的に治安が良くない国や独裁国家等の情報が先に入っていると、その国の人まで全員悪い人だという先入観を持ってしまったりしませんか
でも、実際はそれらの国の政治とそこに住む人々との考え方は必ずしも一致しない、寧ろその国に住む人々が可哀想だったりするのです。

そんな、あまり良くない先入観や固定観念が、ひっそりとオリンピックやパラリンピックの影に隠れてオリンピズムの崩壊を企んでいるのではないか、と危惧しています。
最近のニュースをみて、ふとそんな事を考えています。

もう一度、近代オリンピック創設の時の哲学を思い出し、今後何十年も何百年も何千年も、良いオリンピックが続く事を、みんなで思い描きませんか?

7月の初ヒラメ釣行記録

ちょっと前の話となりますが、先月中旬に、千葉県犬吠埼近くの外川港から釣り船に乗って、ヒラメを釣りに行ってきました。

 

2016-07-17 04.54.27

いつもながら、出港後ポイントに到着するまでの間に見る朝日は、ココロ癒されます。

しかし、なかなか釣れません(汗

 

ヒラメ釣りはボウズも普通にあります。

おまけに、船のトイレのすぐ風下が釣り座でしたから、気持ち悪くなって吐く始末・・・

船酔いはあまりしないのに、悪臭で吐く羽目になるとは( ;∀;)

 

もう今日は、ボウズかなぁっと思っていたら、ゲーゲー吐いている僕を見て同乗した釣りの仲間が、左舷の釣り座を開けてくれて、僕の席の移動を手伝ってくれました。

そして、オモリをトントンと海底に小突く釣り方ではなく、船を横流しにしてひたすら糸を出し、オモリを引きずりながら釣る方法に変更しました。

これって、釣り仲間がいて小舟を1艘貸し切り(いわゆる仕立て船)できるときだけ、船長さんが色々と希望の釣り方をやらせてくれるんですね~

 

釣り仲間の存在とその気遣いに感謝しつつ、気合いを入れなおして横流しの釣りに挑戦!

当然ですが、オモリを引きずるわけですから、岩場に差し掛かるとどんどんオモリが海底に引っかかり(これを根掛かりというそうです)、片っ端からオモリを海底へ置き去りにする羽目となります。

それでも、1尾釣れれば儲けもの。

そして、ついに!

釣れました~~~!

しかも、予想以上のビッグサイズ。

実は、この写真の10分ほど前にも1尾釣りあげましたが、この2尾目は竿を持つ手にも重さがズシリと分かるサイズで、ワクワクしながら糸を巻き上げると、海面に大きな魚影が。

もう、興奮しまくりでした(≧▽≦)

 

翌日、早速魚を捌く事に。

ヒラメ2尾

上が通常サイズ、下が釣り上げ写真のヒラメ。

こうしてみると、やっぱりデカいです。

デカヒラメ

サイズを図ると、堂々の72cm。

残念ながら、重さを図る道具が壊れていて、重さを図る事はできませんでしたが、3kg程度という感じです。

2016-07-18 18.09.27

これが、いわゆるヒラメの5枚おろし。

実は、捌いたのは僕ではなく、愛妻です^_^;

翌日、会社のスタッフみんなで、ヒジキご飯、ヒラメの潮汁と共に、ヒラメの刺身をいただきました~

ヒラメランチ ヒラメ刺身

まだ、包丁の使い方が下手くそで、見た目は悪いですが、最高に美味しいヒラメでした~

 

釣行前の、ドキドキと不安。
釣行中の、ワクワクとイライラ。
そして、釣れたときに津波のように押し寄せる、興奮。

う~ん、海釣りはやめられません~

 

東京都知事に何を期待しますか?

東京都にお住いの皆さん、昨日の都知事選は、投票に行かれましたか?
そして、皆さんは東京都知事に、何を期待しますか?

人それぞれ、都政に関する思いは色々なのでしょうけど、東京都民の思いの最大公約数が東京都の目指すべき方向なのかもしれませんね。

ただ、大きな論点として各候補者の公約にも盛り込まれた点、例えば日本経済新聞7月18日の記事にもありましたが、①待機児童問題、②高齢者介護問題、③東京オリンピック・パラリンピック問題、④防災問題、⑤中小企業支援・経済対策といった部分では、大きな違いがありませんでした。
つまり、公約自体に大きな違いは存在しなかった事になり、主たる候補者は民意を理解していたという事になります。

では、選挙結果は何をもって明暗を分けたのでしょうか。

これも、みなさんそれぞれお考えがある事でしょうけれど、分かりやすい理由から考えますと、やはり「何を優先順位とするか?」という点かと思います。
増田氏は、待機児童問題と介護施設不足をメインで訴えていましたと感じます。
鳥越氏もやはり、待機児童問題と少子高齢化問題をメインで訴えていたと感じます。
それに対して、小池氏は都議会の冒頭解散から始まって、利権追及チームの創設、舛添氏問題に対する第三者委員会設置、東京オリンピック・パラリンピック(以下、「東京五輪」と記載します。)の予算問題など、政治と金に纏わる部分にフォーカスしていたと感じます。
つまりは、東京都民の民意としては、「今目の前にある問題を解決してくれるのは、当たり前でしょ。それ以前に、今の政治のモヤモヤする部分は何とかしてよ!」という事だったのでしょうか。

個人的な感想ばかりになってしまって恐縮なのですが、やはり東京五輪絡みの予算問題は、金額が大きいだけに「???」な事が余りにも多過ぎて、「そんなに予算を使って、大丈夫?」と思わざるを得ないところです。
具体的に申し上げますと、東京都の平成27年度予算は6兆9520億円でした。これは、日本の都道府県で最多の歳入額で、第2位の大阪府(3兆2886億円)と比べましても圧倒的な額です。

余談ですが、毎年年度遅れですが各都道府県の「財政力指数」がランキング形式で発表されています。
これは、歳出(基準財政需要額)に対して歳入(基準財政収入額)がどの程度賄われているかの指数で、1.0を超えれば年度予算が余剰であり、1.0より下なら予算が不足していて地方交付税交付金が必要となる、という事です。
各都道府県は、国家から地方交付税交付金を貰うために、頑張って予算を消化します。そして、この指数が1.0を下回るようにするのです。
しかし、元々歳入が多い都道府県は、予算消化が大変で、1.0ぎりぎり下になります。
最新の平成26年度における財政力指数のトップは東京都で、0.925でした。
つまり、東京都はちょっと予算を削減すれば、地方交付税交付金など貰わなくても、自力で財政を賄える地方自治体なのです。

さて、話を元に戻しまして、年度予算が約7兆円である東京都は、いったい東京五輪にいくらの予算を考えていたのか?
当初は、約7000億円と言われていました。
これでも、東京都全体の年度予算の約10%ですから、大変な金額です。
ところが、その後この予算が「見積もりが甘かった」、「資材が高騰した」等の曖昧な理由で、「3兆円は必要だろう」(舛添知事談)という話にすり替わってきました。
実に、東京都の年度歳入額の42%以上!!!
あまり政治に関心のない私でも、こればかりは「ちょっと待てよ、どうなってんの?」と思わざるを得ません。

小池氏が訴えたのは、まさにこの東京五輪の狂った予算編成への切り込みを皮切りに、トコトン財政の透明化を進め、不正があれば炙り出していく、といった事なのです。

気の弱い僕などは、「そんな事やろうとしたら、いくつ命があっても足りないよ!」と、思ってしまいます(笑)。
政治家の世界は、きっと一般人では理解できない、凄まじい世界なのだと思うのです。
戦国の世を思い浮かべていただくと近いのかもしれませんが、まさに文字通り「命を賭して」世の中を変えるのだという本気の気持ちを持ち、万全を期して言動をしませんと、ほんのわずかな隙間からも負のパワーが入り込み、瓦解を狙われます。
政治家としての生命を絶たれる事も政治家としては厳しい事なのかもしれませんが、本当の命までも取られてしまう事があったとしても不思議ではない世界ですもんね。
ましてや、兆の単位のお金が動く世界など暴風雨で強烈な時化の中で船出をするようなもので、最大の背景を持ち最大の注意力をもって舵を取らなければ、沈没の憂き目に遭いかねません。

また話が逸れてしまいましたが、私が今回の選挙で考えていましたのは、「すべき事は、明確。あとは、実行力!」という事でした。
実行力だけで考えるならば、自民党の後押しがある増田氏が選ばれても不思議ではなかったはず。
ただ、いくら頭のよい官僚出身者とはいっても、背景に政治家の影があって、自民党主導で東京五輪の予算問題はうやむやにされてしまうのでは、という都民の不安は拭い切れなかったということでしょうか。
かといって、本当に小池氏の実行力に期待をかけてよいものなのでしょうか?
結局、またどこか見えないところで政治交渉がなされ、結局うやむやにされてしまうのでは、という不安は拭えません。

果たして、今後の都政にとって、今が嵐の前の静けさなのか、単にまた同じことが繰り返される惰性への道程なのか、とっても気になるところです。