東京湾アジ釣行

久々に、アジ釣りに行ってきました。

 

釣りを始めるまで知りませんでしたが、アジは年中どこでも釣れるんですね。

しかも、安物竿と安物リール、そしてちょっとした仕掛けを買えば、すぐに始められちゃいます。

シロギス釣りと並んで、初心者釣りにはちょうど良い釣り物です。

 

というわけで、いざ出発!

土居(釣行)

恐縮ながら、写真は当日のものではなく、以前に撮影したものです。釣りに夢中で、写真を取り忘れていました。動画は、取ったんですが・・・

 

アジは、僕が生まれて初めて釣り船で釣りをした魚種でもあり、今年の正月に初めて行きました。

その時は、1日で43尾も釣れて、狂喜乱舞。

年初から、魚釣りの楽しさを思う存分味わいました。

 

今回はというと・・・、何と11尾(涙。

釣りは、本人の腕の良し悪しの前に、天候(天気、風、波、気温と水温など)や釣り場所(これは船長が決めるんで、自分で決められるのは船宿になりますが)、そして意外な事ですが船の中の釣り座(右舷か左舷か、ミヨシかトモか)等で全く変わってしまいます。

 

釣りは、奥が深いですね~。

でも、頭に装着した動画カメラで、釣りあげたときの動画を撮影する事に成功しました。

こんな感じです。

↑ クリックすると、YouTubeの動画(42秒)へリンクします~

 

魚を釣りますと、船の上で時間が空いたときにハサミでちょんちょんと絞めていき、血抜きをします。

アジ

これが、絞めて血抜きをした後のアジ(写真は、同行した友人の分も含めたものです)。

 

釣果が寂しいのでタラフクという訳にはいきませんが、社員にアジフライにして献上予定です。

次回は、必ず爆釣狙うぞ~~~